それいけ!みほパンマン!

頑張るママの応援ブログ

グルメな赤ちゃん! 〜ご飯を食べなくなった我が子がある日を境にご飯を食べるようになったわけ〜

ワッツアップ

みほママです。

 

今日は子どもの離乳食について書いていきたいと思います。

 

我が子が離乳食を開始したのは、

生後5ヶ月の頃。

育児ど素人の私は、

育児書通りに

10倍粥を作って

とにかく野菜をすりつぶして

与えてました。

ビーフード否定派の私は全て手作りでこれでも当時頑張っていました。

 

もちろん、これは正しいのですが、

離乳食を開始してしばらく経過したある日、、、

いつも通りに、お粥と野菜ペーストを出したのに、

あれ、全く食べない。

次の日もまたその次の日も全然食べてくれない!!!!!

 

えー??

なんで食べないのーーー?

今日はご飯の気分じゃないのかな?

などと初めは思っていましたが、

待てど暮らせど、

ご飯を食べない我が子。

 

そこで、

地域の離乳食教室に参加しました。

その教室では、

管理栄養士さんが実際に離乳食を作ってくださり、

子どもと大人でいざ実食!!

 

今朝もご飯を食べなかった我が子。

しかしながら、

目の前に栄養士さんが作ってくれた離乳食を置くと、

目をキラキラさせて

いるではありませんか!!!

いざ与えてみると、パクパク、パクパク食べる食べる!!

あっという間に完食していました。

私も試食しましたが、

薄味なのになんとまあ美味しい

 

な、な、なんと、我が子が離乳食を食べなかったのは、

単純にご飯がまずかったから

だったのでした。笑

赤ちゃんって、

大人以上にグルメなのです!!

 

この時栄養士さんは、

手間暇かけて作ったであろう、

具沢山けんちん汁を出してくださいました。

 

子ども実食前は、

ぶっちゃけ、こんなの作れないし、

毎日作るなんて大変すぎて無理無理!!

と思っていましたが、

子どもの目をキラキラさせた様子をみて、

みほママ心を入れ替えました!

 

それまでは、本当に野菜ペーストとお粥という単純過ぎるメニューだったのですが、

それ以降は

大人が食べても美味しいご飯

を心がけて作っています。

まあ、確かに毎日お粥と野菜ペーストじゃ

赤ちゃんだって飽きちゃうよね。笑

 

今では離乳食も完了期を迎え、

食べれるものが増えたというのもありますが、

大人からのとりわけメニューでほとんどいけます!

大人の食事で使う材料を少しだけ拝借して

野菜炒めを作ったり、スープにしたりしています。

メニューは単純でも、

複合的な味のご飯なら食べてくれる

あとネジネジパスタが超便利!!

 

 

離乳食開始時に買った本がボロボロになるくらい今では読み込んでいます。

 

この本は離乳食各期に必要な食材の量

食材ごとのレシピも載っていて、

育児ど素人の私にとっては超便利でした!

お正月やひな祭り、こどもの日など

イベント時の可愛いレシピも載っていて、

見ているだけでも楽しいです。

 

赤ちゃんが生まれてから、

熟睡する暇もなく、休む暇もないなか、

離乳食が始まるなんて

やることが増えて、

正直もう絶望!大変!以外の感情がありませんでしたが、

こうやって、我が子がモリモリ食べてくれると、

離乳食に対するモチベーションが、

大変さ<嬉しさ

に変化して、作ることがだんだんと苦痛じゃなくなってきました。

こうやって、私自身も成長したのでした。

 

ちゃんちゃん。

今日も全国のママさんおつかれさまでした。

 

じゃまたね。

下記の応援お願いします🤲🥺

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村